PR大人の毎日をもっと豊かにするヒントが満載!くらしを変えるきっかけマガジン「Relife mode」創刊

2016年09月15日更新

この記事のライター

神奈川県出身。早稲田大学教育学部卒業。営業や事務などを経験し、かねてより関心のあったライターに転身。企業専属のライターとして歯科求人広告などのライティングを1年ほど経験したのちに、フリーランスに。取材や編集にも対応可能。強みである歯科を中心...

あなたは、今の暮らしに満足していますか?

現状に大きな不満はない。だけど、より豊かな生活を送り、まだ見ぬ自分に出会いたい……そんな風に考えている方は多いことでしょう。
そんなあなたにぜひ読んでほしいのが、三井不動産リアルティが8月25日に創刊したウェブマガジン「Relife mode(リライフモード)」です。

mitsui_1

「三井のリハウス」ホームページにて公開中の「Relife mode」のテーマは、その名のとおり“リライフ”。
主に30~40代の男女に向けて、人生の再スタートを切った方や、新しい暮らしを手に入れた方へのインタビューなどを中心に、読者自身が「リライフする」ためのヒントを提供しています。

例えば、目玉企画の1つである「Relifeのタイミング」では、著名人の波乱万丈な人生から、その人ならではの考え方やライフスタイルを学びます。創刊号を飾る最初のインタビューは、ミュージカルから歌舞伎まで幅広く手がける、世界的演出家の宮本亜門さん。
誰もが羨む華々しいキャリアを歩んできた宮本さんにも、母親の死や自身の交通事故など、人生のターニングポイントとなる辛い経験が多々あったのです。そのすべてを乗り越えてきた宮本さんが語るリライフとは…?

mitsui_2

この他にも、人生の大きな転機となる離婚について、複数名の経験者が赤裸々に座談する「× (バツ)トーク・ウラトーク」や、さまざまな年齢層の女性の暮らしぶりにフォーカスを当てた「うちのリハウスガール 2016」、連載型のストーリーエッセイ「Relife Man」など、様々なコンテンツが充実しているので、性別を問わず大人なら誰でも楽しめます。

mitsui_3

「Relife mode」の配信頻度は、毎月2~4回。あなたもこまめにチェックして、新しい価値観を発見してみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

神奈川県出身。早稲田大学教育学部卒業。営業や事務などを経験し、かねてより関心のあったライターに転身。企業専属のライターとして歯科求人広告などのライティングを1年ほど経験したのちに、フリーランスに。取材や編集にも対応可能。強みである歯科を中心...

Writer注目のライター

佐藤 翔一

東京経済大学コミュニケーション学部卒業後、地域ミニコミ紙の編集記者、広告代理店を...

本間 佳苗

大学卒業後、大手出版社文芸部門にて書籍、雑誌、Webサイトの編集に携わる。退職後...

中島 香菜

神奈川県出身。早稲田大学教育学部卒業。営業や事務などを経験し、かねてより関心のあ...

Popular人気の記事